米国株は上昇しているが、日本株は下降傾向へ!日本の勢いは弱いのか?

↓↓記事はこの動画の下にあります!↓↓
超実用的なマルチタイムフレーム分析を徹底解説!

↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
OANDA Japan

米国株などの外国株の動きと日本株の動きが違う?日本株の勢いが弱まったのか?

4月に入ってから再び世界の株価が上昇傾向に変化し始めました。
直近の高値を更新している銘柄もあるので、米国株やドイツの株式などは
このままの調子で上がっていけば、大きな上昇トレンドになる可能性はあります。
 
その一方で、日本の株式は最近価格が減少傾向に変化しているように見えます。
ローソク足が移動平均線の下側に抜けてしまい、
移動平均線がサポートラインとして機能しなかったと考えられます。
 
すぐに再び上昇して、高値を更新していけば
上昇トレンドになる可能性はありますが、
高値を更新できない場合や高値を更新するまでのかなりの時間がかかる場合は
レンジ相場や下降トレンドに切り替わってしまうような状況といえるでしょう。
今後の日本株の変化は非常に重要な動きになると思われます。
 
米国株についても一応、高値を更新し続けていて、
移動平均線がサポートラインとして機能しているといえるのですが、
日本株のようにローソク足が移動平均線の下側に動いてくる場合は
トレンド終了も考慮しなければならなくなります。

今後も移動平均線はサポートラインとして機能するのか?

日本株が下落!移動平均線がサポートラインになるのか?
ここで表示している4つのチャートは、
日経225・ドイツのDAX・アメリカのS&P500・NASDAQ100
の4時間足のチャートです。
 
この4つのチャートの中で、日本株の日経225だけが
直近で価格が下がっていることがわかります。
それ以外の3つのチャートは高値付近を維持して少し横ばい状態です。
 
今後移動平均線がサポートラインとしての働きを失って、
外国株もローソク足が移動平均線を下回ってくると、
世界的な株価上昇の流れはここでストップしたと考えることになりますが、
今のところこの流れが終了に向かっているサインは見つかりません。

 
外国株で今の段階で考えられるシナリオとしては、
上昇傾向の可能性が高く、その次がレンジ相場になります。
 
日本株についても高値も安値も更新しない状況で、
外国株が下がってくるようなサインが見られない場合は、
レンジ相場になってしまうリスクが高まっていると思われるので、
注意してチャートを見なければならない時期になっているといえそうです。
 
世界の株式は今のところ、
取引チャンスがあった銘柄と判断できますが、
今はそのチャンスは少なくなりつつあるといえそうです。
特に日本株はレンジ相場気味の動きに見えるので、
注意して取引していきたいと思います。


TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。