TradingViewを使ってトレードを行っている、FXトレーダーです。
僕が普段トレーディングビューを使っているので、基本的な使い方は理解しています。
投資家一人一人に合った設定方法やTrading Viewを使ったトレードルールの作り方や
その考え方・実際に使っている様子などを紹介しています。

NISAとは何か?種類と投資の方法とチャート分析

NISAは何か?NISAの投資で利益を出すために

投資を始めるときに、目にすることが多く、気になる言葉に
「NISA」という言葉があります。
NISAとはどのような制度のことなのでしょうか。

  • NISA制度を活用するほうがいいのか、しないほうがいいのか。
  • 利用する場合にはどのようなことに気を付けていけばいいのか。
  • 初めてのチャート分析・テクニカル分析は何から行えばいいのか。
  • NISAにはどのような種類があり、どれを選べばいいのか。

NISAを使うときに分からないことも多いと思います。
今回は、そんな、NISAについてまとめてみました。

効果的なNISA制度の活用方法とチャート分析

NISAとは、少額投資非課税制度の愛称で、
一定の金額の範囲内(120万円)の投資やトレードで得た
利益に対して、税金がかからないという制度です。
2014年1月に始まりました。
 
NISAは全部で3つの種類があり、
先ほど紹介したのは、最も一般的な種類のものです。

先ほどの「通常のNISA」のほかに、「 ジュニアNISA」と
「つみたてNISA」の2種類あり、合計3種類です。(2018年7月15日現在)

 
ジュニアNISAは、年間80万円までの投資枠で0歳から19歳を
対象にした、子供向けのNISA制度で、2016年4月に始まりました。
原則18歳になるまでは、お金を引き出すことができないことや
口座の管理は親権者が行うといった点を除けば、
一般のNISAと同じ制度になっています。
 
つみたてNISAは長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託を
投資対象として、長期間の積み立てを意識して
投資を行う人に特化したNISA制度です。

長期の積み立てに適した、投資信託しか取引できない
という注意点があります。
 
どの種類のNISAを使うのかは、
あなたのトレードスタイルに適したものを選ぶといいと思います。
 
 
NISA制度を使うときの注意点は、
取引している商品の価格の変化をしっかりと
分析できる環境が整っているかどうかを見極めること
です。

つみたてNISAで取引ができる商品は
チャート分析(テクニカル分析)を行うのが難しい可能性があるので、
つみたてNISAを選択する場合は、チャート分析のできる環境を
事前に準備しておかないと、
「いつ」・「どのような商品を」・「どの価格で」・「どのくらいの数量」を
売買をすればいいのかを判断することができなくなってしまいます。


この判断ができない状態で取引を行うと、
利益を出すことがとても難しくなってしまうので、注意しましょう。


↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設?|?fx-on.com

TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。