TradingViewを使ってトレードを行っている、FXトレーダーです。
僕が普段トレーディングビューを使っているので、基本的な使い方は理解しています。
投資家一人一人に合った設定方法やTrading Viewを使ったトレードルールの作り方や
その考え方・実際に使っている様子などを紹介しています。

レンジ相場の終わりのサイン・トレンドの発生を見抜く

2019年1月3日の暴落の後の上昇トレンド発生か?

2019年1月3日のFX通貨ペアの大暴落はとても大きな動きでした。
ドル円・ユーロ円・豪ドル円・カナダドル円・豪ドル米ドルなど
様々な通貨ペアで下降トレンドが勢いよく強まりました。
 
その後は一時的に価格を戻した後に、
少し値動きの大きい「レンジ相場」に突入しました。
 
現在はそのレンジ相場の上限を上抜けて、
右肩上がりに上昇している動きが出てきています。
これは、上昇トレンドが発生するときのサインの一種です。

そのようなサインが出てきたら、
必ず上昇トレンドになるというわけではないのですが、
サインをいくつか知っていると利益を出しやすくなるので、おすすめです。
実際にチャートを見て、「トレンドが発生した時のサインを分かるようになる」
ことを目指しましょう。

トレンドのサイン①:ローソク足がレンジ相場の上限を上抜ける

trend-tenkan
トレンドのサインを見抜く前に、
ドル円のチャートの状況を分析してみましょう。
2018年12月の年末から下降トレンドが発生していて、
2週間以上の下降トレンドが続いていました。

年を明けて、1月3日の7時に4円以上の減少(円高への変化)が起こり、
下降トレンドの勢いがさらに強まりました。

このときは、わずか3分程度の時間で4円以上変化するという
とても大きく、急激な変化となっています。

 

これだけ急激な変化なので、
買いのポジションを持っていた場合は
大損害を被った可能性があります。

しかし、売りのポジションを持っていた場合も
決済(イグジット)するタイミングがなかったため、
あまり大きな利益を取ることができなかった可能性が高いです。

 
その後は、値動きがとても小さく、
上昇したと思ったら、下がってきたり、
減少したと思ったら、上がってきたりと
なかなか利益を出しにくい局面が続き、イライラしやすいと言えます。
 
しかし、ついに上昇トレンドが発生するサインが発生しました。
こういうサインを見逃さないことが、
年間トータルで利益を出すためにはとても重要です。


実際に見てみましょう。
 
四角い枠で囲んである所がレンジ相場のところなのですが、
ローソク足が少しずつ右肩上がりに上昇していて、
ローソク足がレンジ相場の上限(四角い枠の上側)を上抜けてきました。

これが上昇トレンドが発生するときのサインの1つです。
 
このサインは、レンジ相場があったときに、
レンジ相場の終わりを見抜く時にも使える手法で、
レンジ相場の後の最初の1個目のトレンド相場を発見するときに活躍してくれます。
 
他にも、

  1. 移動平均線のゴールデンクロス
  2. MACDの右肩上がりの上昇
  3. ストキャスティクスの高値付近を維持する

などのトレンドが発生するときに現れるサインが見られるので、
安定した上昇トレンドが発生した可能性が高いと考えられます。

1つ注意点があります。

それは、トレンドが発生したことを表すサインが
どれだけ多く現れたとしても、それがダマシになる可能性があるということです。
どんな時にも、相場に対して素直に、冷静に対処することが大切です。
 
トレンドが発生するときのサインをこれからも紹介していくので、
楽しみにしていてください!!
 
これらのサインはすべて、TradingViewで表示させています。


↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設?|?fx-on.com

TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。