TradingViewを使ってトレードを行っている、FXトレーダーです。
僕が普段トレーディングビューを使っているので、基本的な使い方は理解しています。
投資家一人一人に合った設定方法やTrading Viewを使ったトレードルールの作り方や
その考え方・実際に使っている様子などを紹介しています。

2018年7月23日ー下降トレンドに転換か

下降トレンドに転換し始めたか

今日のテクニカル分析の結果の特徴は
下降トレンドに切り替わったと判断できる銘柄が
多かったということです。
 
トレンドの転換が起きたときはどのように考えて
対処するといいのでしょうか。

トレンド転換の時の対処法


トレンド転換が起きたときは、
そのトレンドが継続せず、
すぐにトレンド終わってしまったり、
もみ合い相場に入ってしまうことがあります。
 
そのため、もみ合い相場に入ったと思ったら、
すぐに取引を終了することが重要です
 
 
今日は、
クロス円の多くの銘柄が減少傾向をしていました。
このまま下降トレンドが発生し、
トレンドが継続していくかどうかをしっかりとみていくことが重要です。
 
 
一方で、ドルストレートはもみ合い相場になってきているので、
簡単に仕掛けられるような状態とは言えません。
もみ合い相場を終えた、もみ合い離れをしたと判断できる情報が
得られるまでは取引をしないということも一つの選択肢といえるでしょう。
 

2018年7月24日:下降トレンドが明確に


2018年7月24日は明確に下降トレンドが発生したと思われるような
価格の変化をした銘柄が増えてきました。
 
ドル円は、一時的に少し上昇したローソク足が出てきたが、
再び下がりだしてきました。
MACDが少し右肩上がりなのが気になりますが、
それ以外の多くの情報が下降の方向に動くことを示しています。
 
ユーロ円は短期移動平均線と長期移動平均線のMACD(赤色)が
一番下にあり、横ばい状態になりつつあります。
これは、下降トレンドの時の特徴的な動きです。
 
ポンド円は、同じ勢いを維持しながら、下降トレンドが継続しているといえます。
 
全体的にクロス円で下降トレンドの銘柄が多いことから、
関連して、下降トレンドが継続する可能性があるといえます。
 
ドルストレートの銘柄はとても長いもみ合い相場がずっと続いていますね。
慌てて取引することは冷静な判断をするのが難しくなるので注意が必要です。


↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設?|?fx-on.com

TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。