下降トレンドの勢いの弱まりが止まったように見える。

↓↓記事はこの動画の下にあります!↓↓
↓↓あなたもTradingViewのインジケーターを作れるようになろう!↓↓

下降トレンドの勢いの減少が止まったと判断できる理由

2018年8月15日のテクニカル分析の結果です。
昨日までは、下降の勢いが弱まってきていると考えられる変化
をしていましたが、今日になってそれが否定されました。
 
下降の勢いが戻ってきたというのはまだ判断できませんが、
少なくとも、下降の勢いが弱まっているという勢いが
ほぼ0になってきたのではないかと考えることができます。
 
ここからさらに下降トレンドが大きく発達していくとしたときの
チャート上の変化を考えてみましょう。

今後、下降トレンドが継続するのか?どう判断するのか?

下降の勢いが弱まっているということの判断は、
MACDが0ラインより下で、右肩上がりであることから判断
できました。
これは、昨日の段階での分析結果ですね。
 
今日は、そのMACDの右肩上がりの動きから、
横ばい状態の動き委変化してきました。

MACDが0ラインより下で横ばい状態のことは
下降の勢いがほぼ一定であることを示しているので、
下降の勢いが弱まっていることを表す数値が
低くなってきている
と判断できます。
 
まだ、MACDが右肩下がりになっていないことや
直近の安値を更新できていないことなどから
下降トレンドが継続していく可能性が高いということを
考えることは、テクニカル分析の観点からは難しいといえます。
 
明確に下降トレンドが継続していくことを
判断できるのは、安値を更新して、
移動平均線の帯が大きく発達していることや
MACDが0ラインより下で右肩下がりになっていることなどがあるので、
このようなことに着目することが大事になりそうです。
 


TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。