急激に発生した2019年10月の上昇トレンドは長期的に継続するのか?

トレーダーにとって一番重要な仕事はチャンスを待つことです!

今週の金曜日(10月11日)は価格の大きな上昇が発生しました。
今年はとてもトレンドが少ないですし、
1つのトレンドの大きさも小さいものが多いです。
今回発生したトレンドが大きなトレンドになれるのか?
注意してみていくことが重要だと言えそうですね。
 
どんな年もトレンドがあるときとトレンドがないときがあります。
今年は特にトレンドが少ないですが、それを必要以上に気にしていてはいけません。
今現在のトレンドでしっかりと利益をとっていくことが何よりも重要です。
 
今回のトレンドはここ数年で比較したとしても、
かなり大きな勢いで急激に発達しているトレンドといえます。
このような場合、逆Cカーブの後の急激な反発にも注意するようにしましょう。

急激に発達した上昇トレンドで利益をとるためのポイント

急激な上昇トレンドをどう利益に変えるか
今回の上昇トレンドは多くの通貨ペアに加えて、
株価も急激に上昇しています。

複数の通貨ペアや複数の株価指数などが
同じ時期に同じ方向に変化していると、そのトレンドは大きなトレンドに
なることが多い
ので、複数の通貨ペアの流れに注目することはとても大切です。
 
今回のチャートを見ると、ユーロ円やカナダドル円などが
特に大きく上昇しているのがわかります。
このトレンドがこの語も継続していくのかどうかを
判断するときに移動平均線やMACDに着目すると非常に効果的です。

急激な上昇が発生した時のチャート上に現れるサイン

急激に上昇すると、次のような特徴が出てきます。

  • とても大きい陽線(大陽線)が何回も繰り返して出てくる。
  • 移動平均線が急激に右肩上がりになる。(傾きが急激に大きくなる。)
  • MACDが右肩上がりに上昇する。
  • ストキャスティクスが急上昇したり、高い値を維持し手横ばいになる。

 
上昇トレンド(ロング)は積み上げであり、
下降トレド(ショート)は崩れ落ちるというような言葉があるように
急激に発達するトレンドは、上昇トレンドの方が利益を取りやすいことが多いです。
 
下降トレンドは無理に仕掛けると大きな損失が出てしまうことが多いですが、
上昇トレンドはその可能性は下降トレンドに比べると低いので、
ある程度トレードの実力がついてきたら、
急激な上昇トレンドで利益を上げる練習をしてみるのも良いかもしれません。
 
その時のポイントとしては、
実際のリアルのチャートで練習するのではなく、
過去のチャートの中から急激に上昇しているタイミングを探して
どのタイミングで売り買いするのかを考える方がいいでしょう。

それだけでも十分なトレードの訓練になりますよ。
 
このようなトレードの練習をするときに
TradingViewというツールを使うととても簡単に練習ができます。
TradingViewでは、世界中のありとあらゆる投資商品のチャートを
好きな時間軸で見ることができるので、
どのような投資スタイルにも対応していますよ!


↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設?|?fx-on.com

TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。