レバレッジの意味?実際の損益はどのくらいになるの?

レバレッジの分だけ少ない資金でトレードするとき、注意するポイント

レバレッジは少ない資金でトレードができるといいますが、
それはどういう意味かというと、
本来必要な資金をレバレッジの数字で割った金額だけで
損益の計算を行い、その状態でトレードができるようにすること
です。
 
つまり、トレードに必要な資金がレバレッジ分の1になるということです。
 
注意するべきポイントは、最終的な決済金額(トレードが終了した後の金額)は
レバレッジの数字を損益額に掛けて、本来の金額に戻した金額になることです。
 
また、FXなどのレバレッジが使える取引(証拠金取引)では、
売買時の価格の差×取引量(ロット数)の金額しか、あなたのお金は変化しません。
つまり、実際に通貨を購入する分のお金がなくても、
その金額のレバレッジ分の1だけの資金があればトレードができます。
 
このことについて詳しく見ていきましょう。

レバレッジを使った取引をするときに注意しなければならないこと

FXのレバレッジは現在、日本国内の証券会社では25倍です。
なので、日本国内の証券会社を使用してFXのトレードをする場合、
必要な資金は次の計算式で求めることができます。

※レバレッジ率:25を使えばOK$$トレードに必要な資金=エントリー時の価格\times取引量(ロット数)\divレバレッジ率$$

 
これだけの資金があれば、FXのトレードができるということは、
実質、実際に必要な資金の4%(100%÷25倍=4%)だけで
大きな金額のトレードができるというメリットがあります。
 
では、実際にレバレッジのあるトレードをしたときに
どのくらいの金額の損益が発生するのか?とても気になりますよね。
それでは、それを実際に発生する式を紹介しましょう。

損益額を計算する式はこれです。レバレッジ率は25を使えばOKです。$$実際の損益額=計算式①\times取引量(ロット数)\timesレバレッジ率$$$$ロングの場合の計算式①:エグジット時の価格 – エントリー時の価格$$$$ショートの場合の計算式①:エントリー時の価格 – エグジット時の価格$$

 
これらの計算式を見ると分かることがいくつかあります。
その中で最も重要なことは、
エントリーするときはレバレッジは割り算で計算されて、
トレードが終了する段階で掛け算で計算される
ということです。
 
つまり、利益が出ているときは、
レバレッジがその利益が増える方向に働くので、うれしいのですが、
損失が出ている場合は、逆に
レバレッジが損失が増える方向に働いてしまうので、注意が必要です。
 
あなたがレバレッジが使える、証拠金取引(FXや株価指数先物・信用取引など)
を取引している場合はトレードにどのくらいのお金が必要なのかを
明確に理解しておくことがとても重要になります。

 
その金額は赤色の資格で囲んだ、損益額を計算する式の計算式で
計算して出てきた金額だけ必要です。

また、レバレッジが使える、FXなどの証拠金取引では
元手の資金以上の損失が出てしまうことがあるので、注意が必要です。
 
レバレッジが使えるトレードをするときは、
必要な資金よりも多くのお金を準備しておかないと
強制ロスカットなどに引っかかってしまう可能性が高くなるので、
実際にトレードをする金額は、元手の資金で取引できる最大の量まで
取引することは決してしないようにしましょう。
 
具体的には、さらに追加で取引量を増やせるくらいの資金を
残した状態でトレードをすることが大切ですよ。


↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設?|?fx-on.com

TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。