2020年アメリカ大統領選挙の当選予想をTradingViewチャートで見てみる。

↓↓記事はこの動画の下にあります!↓↓
移動平均線の虹で利益を取りやすい相場を発見する!

↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
OANDA Japan

アメリカ大統領選挙の当選予想をする先物取引のチャートを見てみよう!

2020年のアメリカ大統領選挙まで半月程度まで迫ってきました。
共和党のトランプ候補と民主党のバイデン候補の
どちらが次期大統領になるのでしょうか。
 
実は、この大統領選挙の結果を予想する先物取引等物があり、
トランプ候補とバイデン候補のどちらが優勢なのかを
チャートを使って推測することができます。
 
TradingViewを使えば、簡単に
市場参加者によるトランプ候補とバイデン候補の
支持率に相当する数値を調べることができます。
 
選挙に関する支持率は
メディアなどが行う世論調査や専門家の分析などで
推測することも可能ですが、これらはリアルタイムのデータではありません。
 
一般市民が最も最新の支持率を知るためには、
先物取引のチャートを見ることが有効です。
これはおそらく、一般の方が得られる、
最も最新の支持率データといえるでしょう。
 
今回は、トランプ候補とバイデン候補の支持率を
日足の比較チャートを使ってどちらが当選するかを予想してみましょう。

支持率の逆転が起きたタイミングとその後の変化に着目しよう

2020年大統領選挙トランプとバイデンの支持率比較
上のチャートが2020年大統領選挙における、
トランプ候補とバイデン候補の支持率に相当する数値のチャートです。
トランプ候補のチャートは、「TRUMP」
バイデン候補のチャートは、「BIDEN」
とチャート画面の検索窓に入力すれば表示することができます。
 
注目するところは、6月上旬です。
5月までは、トランプ候補の支持率の方が高かったのですが、
6月からは、バイデン候補の支持率の方が高くなっています。

 
そして、6月に支持率が逆転してからは
トランプ候補の支持率は下がり続けており、
逆にバイデン候補の支持率は上昇し続けています。
そのため、このままの状況が続けば、
次期大統領はバイデン候補になりそうだと推測することができます。
 
では、もしバイデン候補が大統領に当選したら、
相場にどのような影響を与えると予想されるでしょうか。
 
今のところ、チャートからはそれを知るヒントは見られません。
価格が大きく動いたとしても、それが大統領選挙による影響なのか、
コロナウイルスに関連する影響なのかを見極める必要がありますが、
それをリアルタイムで判断することは非常に難しいです。
 
そのため、投資やトレードをしている方は、
大統領選挙の影響を気にすることよりも、チャートに変化の兆しが見られたら、
その流れについていくという考え方が効率的と思われます。


TradingViewのアカウント作成(無料)
TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。