大きなトレンド発生!コロナウイルス暴落後のチャンスが来た!

↓↓記事はこの動画の下にあります!↓↓
↓↓あなたもTradingViewのインジケーターを作れるようになろう!↓↓

コロナウイルス暴落後の戻しが大きな上昇トレンドに変化した可能性あり!

コロナウイルスによる株価の大暴落が
2020年2月20日に発生し、それが3月20日頃まで
約1か月間下落し続けていました。
 
その後、レンジ相場(もみ合い相場)に入って、
4月と5月はあまり大きな利益が出せない状況となっていましたが、
2020年6月(5月最終週くらいから)
株価が大きく上昇して、為替も急激な円安相場が発生しています。
 
FXの通貨ペアの中には、すでに750 pips以上の値幅の
トレンドが発生している通貨ペアがあります。
(※ユーロ円など)
 
これだけ大きなトレンドは、最近少なかったので、
このトレンドでしっかりと利益を出せれば、
今年はトータルでかなり大きな金額を稼げる可能性があると判断できるでしょう。
 
今現在、このトレンドで利益を出せている方も、
今の大きなトレンドの流れに乗り遅れてしまった方も
今回のトレンドの分析をしっかりと行い、
次回のチャンスに備えることがとても大切になります。

大きなトレンド相場のエントリーポイントと姿勢や考え方

今回は久しぶりに為替のチャートで分析をしていきます。
日経225のチャートも同じように上昇しているので、
同様の考え方ができますよ。
上昇の角度が増える!トレンドの勢いが強まる。
これがコロナウイルス暴落後の戻しの上昇トレンドです。
ユーロ円・ユーロドル
カナダドル円・ニュージーランドドル円
の4つの通貨ペアのチャートを表示しています。
 
どの通貨ペアも、急激に大きく上昇しているのがわかります。
特に、ユーロ円やニュージーランドドル円のチャートは、
途中からトレンドの傾きが大きくなっていて、
トレンドの勢いがさらに強まっていることが判断できます。

 
今後もこのトレンドが継続するのかを判断するポイントは、
複数の通貨ペアが同じような変化をしているか?
に注目することが一つのポイントになります。
 
クロス円の通貨ペアを取引しているのであれば、
同じクロス円の通貨ペアがすべて上昇していれば、
その序章トレンドは長く継続する可能性が高くなります。
 
日経225などの株価指数は、
複数の国の株価指数が上昇していれば、
その上昇トレンドが大きなトレンドになる可能性が高いです。
ポイントとしては、日本・アメリカ・ドイツなどの
先進国の株価指数のチャートを見て分析することです。
先進国と後進国の株価を同時に見て分析するのでは、
関連性が低いので、注意が必要です。
 
似たような変化をする傾向のある銘柄の組み合わせで
同じような傾向の変化が見られた時が重要です。

 
あまり似た変化をしない銘柄の組み合わせで
たまたま同じような変化をした場合では、
重要なサインになりづらいといえます。
 
※この記事を書いた時期(2010年頃~2020年~?)には、
 当てはまりますが、今後もこのような分析が
 いつまでも当てはまるとは限りません。


TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。