大きなトレンドの後のレンジ相場に注意しよう

↓↓記事はこの動画の下にあります!↓↓
↓↓あなたもTradingViewのインジケーターを作れるようになろう!↓↓

大きなトレンドの後のレンジ相場はできるだけ気づき、取引停止期間にしよう!

レンジ相場はいつ起きるかわかりませんが、
1つのトレンド相場が終了した後にレンジ相場が
発生することがしばしばあります。
そのレンジ相場がすぐに終了するケースもあれば、
長期的に値動きが小さいレンジ相場になることもあります。
 
僕は順張り(トレンドフォロー)のトレーダーなので、
順張りトレーダーのレンジ相場の対処法の一例を紹介します。
 
基本的には、レンジ相場ではトレードをしないのが、
順張りトレーダーの特徴です。
なので、何もせずチャートを眺めているか、
そもそもチャートを見ないということも大事です。
 
レンジ相場はチャンスが少ない上にいつ終わるのかわかりづらいです。
なので、明確なレンジ相場終了のサインを見つけるまで
何もしないことが重要になります。
何もしないことは、利益を得る可能性がゼロですが、
損失を被る可能性もゼロになります。

コロナウイルス暴落相場後のレンジ相場で考えよう

コロナウイルスのレンジ相場
これは、日経225の4時間足のチャートです。
チャートの左側では、大きな下降トレンドが形成されていて、
大きな利益を出せる可能性がありました。
ただ、現在は非常に値動きの大きさが小さくなっていることがわかります。
 
下降トレンドはチャート全体程度の値幅がありましたが、
現在はその間の16%程度の値幅しかありません。
つまり、値幅が約6分の一程度に下がったということです。

 
これだけ値動きの大きさが小さいということは、
全く利益が出せないと考えて間違いありません。
ローソク足と移動平均線の間の間隔が狭すぎて、
トレードで利益が出せるようなトレンドができる状況ではないです。
 

これからは、レンジ相場が終了するタイミングを探すことがポイントです。
つまり、レンジの上限を上抜けたり、
レンジの下限をした抜けたりするなどのサインに注目しましょう。

 
高値更新や安値更新は新しいトレンドが発生するタイミングを見つける時に
最も重要なポイントになってきます。
 
慌ててエントリーすることは、レンジ相場で
最も多くの損失を被ってしまう原因の1つです。
今は、損失になる原因をできるだけ多く少なくすることが大切です。
大きなチャンスのあるトレンドが発生したときに
しっかりと取引ができるように、
今はできるだけ投資の資金を減らさないように心掛けましょう。


TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。