株価チャートは上昇なのにファンダメンタルは最悪な状況の対処方法

↓↓記事はこの動画の下にあります!↓↓
↓↓あなたもTradingViewのインジケーターを作れるようになろう!↓↓

株価が上昇しているのに、ファンダメンタルの悪い要素が多いときの考え方

現在、コロナウイルスショックによって、
ファンダメンタルの要素のほとんどが悪い要素になっています。
勝手に株価が下落しそうなニュースがいつも流れいますが、
それに反して現在の株価はなぜか上昇傾向ですね。
 
このような時、トレーダーはどのように対処すればいいのでしょうか?
株式を買うのが正解なのか・売るのが正解なのか・何もしないのがいいのか
まったくわからない状況となっています。
 
そのような状況の時に、取るべき行動の一つが
チャート分析を優先し、チャートの流れに逆らわないことです。
 
ファンダメンタルの情報は、
一般の個人投資家に情報が来るタイミングはかなり遅い
ので、
その情報をもとに取引をすると、
どうしてもエントリーや手じまいのタイミングが遅くなりがちです。
 
その一方で、チャートの情報は
インターネットを使えば、リアルタイムで
情報を手にすることができる
ので、
個人投資家が情報を得るタイミングという観点で
不利になることはないという現実があります。

ファンダメンタルと実際の価格のズレを理解することが大事

ファンダメンタルとチャートの関係
これは、現在の日経225のチャートです。
直近の株価は右肩上がりに上昇していますね。
 
現在コロナウイルスの影響が世界的に大きくなっているので、
株価が大きく下がるのが普通だと思いますが、今は逆に上がっています。
これは、世界中の中央銀行なのが非常に大きな金融緩和を行ったことにより、
市場に大量のお金が出回っているからと判断することができますが、
最終的な答えは誰にもわかりません。
 
しかも、株価が上昇する前は、リーマンショック級の
非常に大きな暴落が起きていました。
そのため、今後どのように投資の市場が変化していくのか、
ファンダメンタル分析で予測することはとても難しいのが現状です。

 
その一方で、チャートはすべてのトレーダーが
同じローソク足を見ています。(時間軸が同じ場合)
なので、機関投資家と一般の個人投資家の間に
チャート分析の情報において情報格差はほとんどありません。

インターネットが発達したことにより、
すべての人が同じタイミングで同じ価格の変化を知ることができるので、
今後の予測をするためにはチャート分析が最適なんです。
 
ファンダメンタルの情報とチャート分析の情報にズレが生じていると感じたら、
確実で早い情報である、チャートの情報を使って、
今後の価格の変化を予測して取引をしていきましょう。
 
投資において、チャートの変化は常に正解なんです。
チャートの価格の変化を利益に変えるのがトレーダーなので、
その観点からも、チャートを第一優先にすることが大切ですよ。


TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。