FXとバイナリーオプションの違いと特徴

FXとバイナリーオプションの特徴や難易度の違いをしっかり理解しよう

FXは2つの通貨の為替が変化したとき、
その通貨ペアの価格の値動きの部分を利益に変えるものです。
 
逆に、バイナリーオプションは、
ある通貨ペアの現在の価格よりも、一定時間経過した後の価格が
上昇するのか?下落するのか?を予想して、それが当たったら、
掛け金の一定倍率の金額を受け取れるものです。
 
そのため、FXとバイナリーオプションは
全く違いものなんです。
FXは実際に為替の取引をして、外国の通貨を購入しますが、
バイナリーオプションは実際に為替の取引をしません。
 
FXとバイナリーオプションの2つの内、
どちらをやるべきかと聞かれたら、
僕なら、「FX」と即答で答えます。
 
その理由も含めて、この2つの違いや特徴をまとめて紹介します。

バイナリーオプションよりFXをおすすめする理由

まず、バイナリーオプションとFXの違いを一覧にします。

  • FXは自分リスク(損失)をコントロールできる。
  • バイナリーオプションはリスク(損失)をコントロールできない。
  • FXは取引終了のタイミングを自由に決められる。
  • バイナリーオプションは取引終了のタイミングは決められている。
  • FXは自分の裁量で1回あたりの利益を増やすことができる。
  • バイナリーオプションは、1回あたりの利益を増やせない。
  • FXは自分で判断しなければならないことが多い。
  • バイナリーオプションは、銘柄と上昇・下降を選ぶだけ。

 
以上のような違いがFXとバイナリーオプションにあります。
 
バイナリーオプションは、上昇か下降かを選ぶだけでよいので、
簡単に始めることができるイメージを持つことが多いです。
しかし、その分制約がとても多く、大きな利益を出すことが難しくなります。
 
FXは自分で判断しなければならないことがとても多いので、
バイナリーオプションに比べて敷居が高いように感じますが、
リスクを自分でコントロールできたり、
1通貨当たりで1トレード当たりの利益を自分の判断で
増やすことができるなどの特徴があるので、
FXのほうがバイナリーオプションよりも多くの利益を出しやすい
傾向があります。
 
もちろん、FXで安定的に利益を出せるようになるためには、
投資やトレードに関する勉強や練習をする必要があります。
そして、実際のトレードの経験を積むことで
自分なりのトレードルールを確立することが重要です。
 
勝てるトレードルールを作ることは簡単なことではありませんが、
これがFXで安定的に利益を出すためにとても大切になります。


TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。