為替の上昇相場が発達!多くの通貨ペアが右肩上がりに変化!!

↓↓記事はこの動画の下にあります!↓↓
移動平均線の虹で利益を取りやすい相場を発見する!

↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
OANDA Japan

為替相場が上昇傾向へ!多くの通貨ペアが安定した上昇トレンドが発達!!

2月上旬くらいまでは、全体的に株高傾向が続いていて、
株式相場が強い状況でしたが、今は少し弱きな状況になっています。
高値を更新できず、価格が下げ始めている傾向が見られます。
 
その一方で、為替相場は非常に強い上昇傾向に変わっています。
株価が安定上昇だった時期は、為替はほぼレンジ相場で
チャンスがほとんどありませんでしたが、ついに為替にトレンドが発生しました。
 
豪ドル円や豪ドル米ドル・ユーロ円などを中心に、
非常に多くの通貨ペアで高値を更新し続けていて、
移動平均線の間隔も広がり、とても利益が取りやすい相場状況です。
また、陰線の数も極端に少なく、陽線の割合が
増えているのも安心材料といえるでしょう。
 
久しぶりに発生したこの為替上昇トレンド相場が
どこまで発達し、どの程度継続するのかを分析してみましょう。
 
トレンドが終了する可能性を示すサインが見られたら、注意する必要があるため、
まず、トレンド終了のサインが出ているかに着目してみようと思います。

利益が取りやすい安定上昇トレンドで優位性のあるトレードの経験を積もう

2021年2月末の為替安定上昇トレンド
これは、直近の4時間足のチャートです。
豪ドル円・豪ドル米ドル・ユーロ円・ニュージーランドドル円の
4つの通貨ペアのチャートを表示しています。
 
4つのチャートはすべて安定的に上昇傾向が
継続していることがわかる形をしています。

このようなときに、トレンドが終了する可能性を
見つける時のポイントは、2つです。

  1. 右端のローソク足が下がり始めて、移動平均線を下回るとき
  2. 逆Cカーブによる急激な上昇の勢いで上昇しているとき

 
1番のローソク足が下がり始めているときはイメージしやすいと思います。
移動平均線はサポートラインとしての役割を持っているため、
ローソク足が移動平均線を下回ったり、下回りそうなときは
トレンドが終了する可能性がある
ことを示しています。
 
2番は、逆Cカーブで急激に上昇していることを
判断するときのポイントは、
「ローソク足と移動平均線の間の距離」です。

勢いよく上昇しているときに、ローソク足が移動平均線から
勢いよく離れている場合は、逆Cカーブの可能性が高く、
下がり始めたときに急激に下がる可能性があります。
 
今回では、1番の下がり始めのサインは見られませんが、
2番の逆Cカーブのサインは、ユーロ円に見られます。
なので、下がり始めたときは少し注意したほうがいいかもしれません。


TradingViewのアカウント作成(無料)
TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。