MACDで値動きの大きさを把握してチャンスを探そう

MACDはトレンドの方向性を先読みするのに適している!

トレードで大きな利益を出せるタイミングは
値動きの大きさが大きいときです。
 
なので、値動きの大きさを調べることのできれば、
事前に利益を出せる相場なのか?
あまり利益を出せないような相場なのか?
を知ることができるので、
無駄なトレードを避けることができるようになります。
 
MACDを使うことで値動きの大きさを知ることができます。
なので、今現在の相場が利益を出しやすい状況なのかを
把握することができます。
 
利益を出せないような無駄なトレードを繰り返すことは
大きな損失を被ってしまう原因の1つです。
 
無駄なトレードを減らして、
まずは自分のトレードの損失の総額を
減らしていくことを目指してみましょう。

MACDの0ラインの近くを推移しているときは要注意

まず、MACDを表示したチャートを見てみましょう。
このチャートは、豪ドル円の日足チャートです。
豪ドル円は、TradingViewのチャートでAUDJPYと検索すれば出てきますよ。
MACDで値動きの大きさを調べる方法
投資の相場は、トレンド相場とレンジ相場の2種類に大きく分かれます。
トレンド相場は値動きが大きく、利益を出しやすい相場です。
一方、レンジ相場は値動きが小さく、損をしやすい相場です。
 
上のチャートは四角形で囲んだ所が値動きの小さいレンジ相場で
青色の矢印で示したところがトレンド相場です。
 
ローソク足とその同じ時刻のMACDの変化を見てみると
次のような特徴があることが分かります。

  • 値動きが小さくなると0ラインに近づいてくる。
  • レンジ相場になると、0ラインを境に小さく上下に変化する。(変化の幅は小さい。)
  • トレンド相場では、0ラインから離れた所に線がある。
  • トレンド発生時やトレンドの勢いが強まると、0ラインから大きく離れる。
  • 0ラインより上は「上昇傾向」・0ラインより下は「下降傾向」を示している。

 
FXや株式投資などのトレードは、
値動きの幅を利益に変えることです。
なので、値動きの小さいレンジ相場などでは、ほとんど利益が出せず、
逆にトレードを繰り返せば繰り返すほど損失が増えてしまう
んです。
 
「大きい値動きがあるかどうか?」を調べることのできる
テクニカル指標やインジケーターはあまりないので、
トレーダーにとって重要な値動きの大きさを知ることのできる
MACDがとても有用なインジケーターだと考えることができるでしょう。
 
MACDには、さらに上級の使い方として、
移動平均線やストキャスティクスなどのほかのインジケーターと
組み合わせて使うことで、さらにトレード中に有効な情報を得ることができます。


TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。