価格の動きが小さいときのチャートの注目するポイント

↓↓記事はこの動画の下にあります!↓↓
超実用的なマルチタイムフレーム分析を徹底解説!

↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
OANDA Japan

株価が高値付近で横ばいのレンジ相場の状況!今後はどう変化するのか?

現在の相場の特徴は、株式相場やFX・為替相場が全体的に
値動きの大きさが小さくなってきています。
 
価格自体は、チャートの高値付近を維持しているのですが、
その状態からほとんど変化がない状況で、
高値もほとんど更新せず、時間だけが過ぎている状態となっています。
 
途中で価格が下がった時もありましたが、
長期的に継続するような大きなトレンドにならず、
すぐに下落の動きは終了してしまい、
結果と市はあまり大きな利益を取りづらいと感じた人も多かったと思います。
 
そのため、現在のチャートは長期的なレンジ相場であると判断できるでしょう。
次の大きなトレンドがこの後すぐに来てくれれば問題ないのですが、
この状況がしばらく続くようであれば、
トレーダーにとって大変な時期になりそうです。
 
そこで、長期的に取引チャンスが来ない場合のチャートの注目ポイントなを
実際に現在の株式相場のチャートを皆ながら考えていきたいと思います。

高値付近で横ばいのレンジ相場が継続するときにチャートの注目ポイント

まずはチャートを見てみましょう。
株式相場長期高値横ばいのレンジ相場
ここで表示しているチャートは、すべて4時間足で
日経225・DAX・S&P500・ナスダック100の4つのチャートです。
 
この4つのチャートの共通点としては、
一度減少して下がった後に上昇して、
その後の値動きの大きさが急激に小さくなっているということです。
 
下落後の上昇区間において、途中で大きな陰線が出てきて、
上昇傾向が終了してしまうのではないかと推測できる状況が一時的にあるため、
下げ止まってからの上昇傾向でポジションを持ち続けるのは難しいと思われます。
 
もし、ポジションを持ち続けることができていれば、
今回の高値横ばいの状況でもポジションを保有し続ければ問題ありません。

移動平均線より上側にローソク足があるため、
移動平均線がサポートラインになっていると考えることができるからです。
 
しかし、途中の大きな陰線でポジションを終了した場合は
次にエントリーするチャンスがほとんどない状況が続いています。
なので、無理に取引せずに、今はトレードを休むことが重要になりそうです。
 
そこで、次のトレンド発生のサインが出たタイミングで
取引を開始することも有効ですが、長期的にレンジ相場が続いているため、
トレンド発生のサインのダマシが出やすくなっています。
かなり注意が必要になるでしょう。
 
明確に高値更新や安値更新が確認できた後に、
少し様子を見たほうが安全かもしれません。
いづれにしても、レンジ相場終了のサインを明確に確認することを
重要視してチャートを見ていくことを意識していきましょう。


TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。