TradingViewを使ってトレードを行っている、FXトレーダーです。
僕が普段トレーディングビューを使っているので、基本的な使い方は理解しています。
投資家一人一人に合った設定方法やTrading Viewを使ったトレードルールの作り方や
その考え方・実際に使っている様子などを紹介しています。

投資で損切りが怖くない理由と損切りの重要性

損切りをしないと利益を増やすチャンスを失ってしまう理由

損切りをすることはとても重要です。
 
エントリーした後、トレンドができなかった時には、
平然と、すぐに損切りすることができるようになれば
トレーダーとして一人前になった証拠と言えます。
 
損切りが重要な理由は大きく分けて3つあります。

  1. 次の大きなトレンドが出来たときに取引をする資金を準備できる。
  2. 利益を増やすチャンスがないときに、一定以上の損を出さずに済む。
  3. 損小利大のトレードをするときに必要な考え方だから。

実際に直近のチャートを見て、
損切りの重要性を確認してみましょう。

損切りをして、利益を出せるチャンスを見つける方法

risk-riwa-do
上のチャートを見てください。
左の緑色で塗りつぶしてあるところでは、
右肩上がりに上昇しているので、安定した上昇トレンドで
利益を出しやすい局面
だったと考えることができます。
 
 
しかし、その後はレンジ相場に突入して、
利益を出しにくい相場に変化したと考えることができます。
一つ一つ、詳しく見てみましょう。
 

緑で塗りつぶした上昇トレンドが終わった後は、
価格が減少してきて、下降トレンドに変化するのではないか?
と考えることができるような変化の予兆がありました。
(下降トレンドの可能性1のところ)

しかし、その後すぐに反転して、
上昇トレンドが復活する可能性が出てきました。
(上昇トレンドの可能性1のところ)

これもまた、ダマシで再び価格が減少し始めてきました。
(下降トレンドの可能性2のところ)

 
ここまでで3回取引をして利益を出せる可能性がある局面が
出てきましたが、これもダマシだったので、
3回連続で損切りをしてしまう結果になりました。
 
 
しかし、緑色で塗りつぶしている
大きな利益を出せた上昇トレンドのところで
500 pips以上の利益を出しています。

一方、損失は1回あたり100 pips未満でそれが3回あるから
合計で損失額は300 pips未満となります。

よってトータルの損益額の合計は500 pips – 300 pips = 200 pips以上
利益が残っている
ことになります。
これが損小利大で利益を出す考え方です。
勝率は50%よりも低くても、利益を出すことができるんです!!
 
 
この後は、再び、上昇しだして、(上昇トレンドの可能性2のところ)
レンジ相場の上限を上抜けたので、
大きな上昇トレンドになる可能性があると考えることができるといえます。
 
あくまで可能性であり、必ず上昇トレンドになるとは言えないのですが、

このような次のトレンドが発生する可能性があるタイミグで
取引ができるだけの資金を残すためにも、
損切りをすることはとても大切になってくるんです。

 
もし、損切をせず、損失を増やしてしまっていたら、
利益を増やせるチャンスを捨ててしまっていることになるので、
そのようなことにならないためにも、
損切りはとても大切なんです。


↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設?|?fx-on.com

TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。