東京オリンピック後の米国株ナスダック100の価格の変化

↓↓記事はこの動画の下にあります!↓↓
移動平均線の虹で利益を取りやすい相場を発見する!

↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
OANDA Japan

東京オリンピック終了後のレンジ相場は長く継続するのか?

東京オリンピックが終了して、1週間目ですが、
今のところ大きなトレンドが発生している様子はないですね。
 
特に米国株のナスダック100は少し前までは
大きな上昇相場が発達していたのですが、今なレンジ相場になっています。
今後さらに大きな上昇トレンドに戻ってくれるかどうかを
しっかり分析してきましょう。
 
ただ、今のところ、新しいトレンドが発生するようなサインは
チャート上に見られないので、今は待つことが大事になりそうです。
 
大きなイベントがあった後は相場が大きく動くことがあるといわれていますが、
今回の東京オリンピックではそのような動きはなかったということになりそうです。
 
やはり、新型コロナウィルスの影響が大きく、
コロナウイルスの影響に比べて東京オリンピックは
それほど重要なニュースではないと多くの投資家は考えていると推測できます。
 
今回のオリンピックで日本のメダル獲得数が過去最多になりました。
メダル獲得数が多いと、株価が上昇しやすいといわれているのですが、
今回はそのアノマリーは機能しなかったといえるでしょう。

米国株のレンジ相場はいつまで続くのか?オリンピック後の相場を分析

東京オリンピック後のナスダック100のチャート
米国株は今のところ、高値を更新しない状況が続いていることがわかります。
左側の上昇相場のところでは、定期的に高値を更新していたのですが、
その個所のローソク足の形と状況が異なっています。
 
しかも、現在はローソク足が移動平均線の下側に出ているため、
今後下降傾向に変化してしまう可能性も残っているので注意が必要です。
そのため、オリンピックの前と後では
相場状況が大きく変化した可能性もあるため、
慎重な相場分析を心がけていきましょう。

 
今後、もう一度高値を更新していけば、特に問題ないのですが、
しばらく高値を更新しない状況が続く場合は
米国株で資産形成をしていくのは難しくなることも考えられるので、
一時的に資産が減ってしまう場合があることを理解することが大切になります。
 
ただ、レンジ相場であり、下降相場に変化したわけではないので、
それほど極端に心配する必要はないかもしれません。
 
大きなイベントがあった後は普段とは違う動きがみられることがあるので、
今後1~2か月程度はその可能性を考慮して慎重に取引していくようにしましょう。
投資では利益をとることよりも、損失を抑えることのほうが重要です。


TradingViewのアカウント作成(無料)
TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。