TradingViewのチャートデータをエクセルでダウンロードする方法

TradingViewのチャートデータをエクセルで分析する方法が簡単!

TradingView(トレーディングビュー)には、すでに多くのインジケーターや
様々なテクニカル分析のツールがあるので、たいていの分析を行うことができます。
 
中には自分が行いたい分析ができるツールがないこともあるでしょう。
そのようなときには、Pineというプログラミングを使って
好きなインジケーターを作ることができます。
 
しかし、プログラミングは敷居が高く、難しいので
エクセルを使って好きな分析を行うことを考えてみましょう。

 
TradingViewのチャートデータをエクセルで使える形式で
ダウンロードする方法はとても簡単なので、
パソコンが苦手なあなたでもできますよ。
 
もちろん、Pineのプログラミングができれば、その方がいいのですが、
まずは自分で好きな分析をするインジケーターを作ったという
経験をすることも非常に重要です。
これは、あなたが投資家・トレーダーとして成長するために
きっと、ためになります。

チャートデータを分析しやすい形でダウンロードしよう

TradingView(トレーディングビュー)で
チャートデータのダウンロードをする場合は
ダウンロードしたいチャートの画面の中に
分析で使用するテクニカル指標やインジケーターを表示した後に
チャートデータのエクスポート(Export)をクリックすればOKです。

TradingViewのチャートデータのダウンロード方法
ただし、TradingViewのチャートデータをエクセルで使える形式で
ダウンロードするために、1つだけ注意するポイントがあります。
それは、時間の形式をISO Timeにするということです。
 
チャートデータをダウンロードするときに使える時間の形式は、
ISO TimeとUNIX time stampの2種類があります。
TradingViewのチャートデータのエクスポートの方法
ISO TimeとUNIX time stampの詳しい説明は省きますが、
TradingViewでダウンロードしたチャートデータを
エクセルで分析する場合に分析結果が正しい形で分析するためには、
 
UNIX time stampではなく、
ISO Timeという時間形式にしなければならないのです。

注意するべきポイントはこの1か所だけなので気をつけましょう。
 
ダウンロードするチャートデータは
TradingViewのチャート上に現在表示している銘柄が選択されます。
違う銘柄や通貨ペアをダウンロードしたい場合は
通貨ペアに合わせて表示するチャートを変更してください。
 
また、ダウンロードするチャートデータの時間軸は
TradingViewで選択している時間軸と同じものを
ダウンロードすることができます。
なので、日足以外の時間軸のチャートデータも
ダウンロードすることができるという魅力的な特徴があります。

 
他のチャートデータをダウンロードできるサービスのほとんどは
日足データしかダウンロードできないものが多いので、
好きな時間軸のデータをダウンロードできる所はとても少ないです。

TradingViewのチャートデータをダウンロードした後に

TradingViewのチャートデータをダウンロードした後に
やっておいた方がいいことをまとめておきます。

  1. 分析をする前にチャートデータのエクセルファイルを「名前を付けて保存」しておく。
  2. 時間の形式はISO Timeのままで変更しない。
  3. 文字化けすることがあるので、どのデータが何のデータなのか理解しておく。

 
まず、「分析を始める前に名前を付けて保存しておく」
ということについてですが、
TradingViewからダウンロードしたデータは
エクセルで分析することができますが、
正式なエクセルの形式とは少し異なっているんです。
 
なので、分析した後に保存すると、
保存したデータが消えてしまうことがあります。
それを防ぐために、事前に正式なエクセルの形式で
保存しなおす必要があります。

 
次に、時間の形式をISO Timeから変更してしまうと
グラフを使ってエクセルで分析した場合に、
正しいグラフが表示されない可能性がある
からです。
 
正しいグラフで、正しい分析をするために、
時間の形式は変更しないようにしましょう。
 
文字化けについてですが、
TradingViewで日本語を使っている箇所が
エクセル形式でダウンロードすると変な文字になってしまうことがあります。
これは修正することがとても難しいので、
どれがどのデータなのかを理解しておくことがとても重要です。
 
TradingView内臓のインジケーターを使用している
場合はこのエラーは起きないはずなので、
文字化けで困っている場合は内臓のインジケーターで
やりたい分析に近いデータを取得して
正確にやりたい分析はエクセルで行うといった
役割分担をすることも効果的ですよ。


↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設?|?fx-on.com

TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。