TradingViewを使ってトレードを行っている、FXトレーダーです。
僕が普段トレーディングビューを使っているので、基本的な使い方は理解しています。
投資家一人一人に合った設定方法やTrading Viewを使ったトレードルールの作り方や
その考え方・実際に使っている様子などを紹介しています。

トレーディングビューで招待者のみ公開のインジケーターを使う方法

トレーディングビューで招待者のみ公開のインジケーターとは何か?

TradingView(トレーディングビュー)のインジケーターは
インジケーターの公開の方法によって3種類に分けられます。
その3種類とは、「公開」・「保護」・「招待者のみ」です。
 
「公開」されているインジケーターと
「保護」されているインジケーターは
トレーディングビューのアカウントを持っている人であれば
誰でも自由に使うことができます。
 
しかし、「招待者のみ」のインジケーターは
基本的に使用することができません。
 
招待者のみ公開のインジケーターは
インジケーターを作成した人から
インジケーターの利用権限をもらう必要があります。
 
今回の記事では、
「公開」・「保護」・「招待者のみ」の違いと
招待者のみのインジケーターを使用するための基本的な手順をお伝えします。

作成者に連絡を取って招待者のみのインジケーターの利用権限をもらおう

インジケーターを公開するときに
下の画像のような画面で様々な設定を行うことができます。
スクリプトの種類と招待者のみ公開
この画面上で「公開」・「保護」・「招待者のみ」の設定を行います。
 
「公開」・「保護」・「招待者のみ」の違いは次の通りです。

  • 公開:誰でも自由に使うことができ、ソースコードも見ることができる。
  • 保護:自由に使うことができるが、ソースコードは見ることができない。
  • 招待者のみ:作成者から利用権限を貰わなければ、使うことができない。

 
ソースコードとは、インジケーターを作るときに
Pineエディターに入力する文字列のこと。プログラムのことです。
このソースコードを見ることで、そのインジケーターの特徴や
どのような数式で分析を行っているのか?を調べることができます。

 
つまり、ソースコードを見ることで
エントリーや手じまいのタイミングを知ることができます。
 
トレーディングビューのインジケーターには、
必ず説明が書かれていますが、基本的にすべて英語で書かれています。
中には、日本語で説明が併記されているものもありますが、
ほとんどは英語でしか説明が書かれていません。

そのため、ソースコードが書かれていると、
そのインジケーターの使い方がより詳しく知ることができるんです。

招待者のみ公開のインジケーターの利用権限を貰う方法

招待者のみ公開のインジケーターを使うためには、
インジケーターを作成した人から
インジケーターの利用権限を貰わなければいけません。
 
そのために、インジケーターの作成者に連絡を取ることが必要です。
連絡を取る方法は大きく分けて2つあります。

    インジケーターの作成者TradingViewのページから連絡先を探しましょう。

  • インジケーターの説明ページの下に連絡先が書かれていれば、
    その指示に従って連絡する。
  • インジケーターの説明ページの下に連絡先がない場合は、
    Twitterのダイレクトメッセージ(DM)などから連絡する。

 
「インジケーターの作成者TradingViewのページ」は
インジケーターの説明ページの上の
インジケーターの名称の1つ下にリンクがあるので、そこからアクセスできます。
 
インジケーターの作成者TradingViewのページには
インジケーターの作成者のTwitterのページのリンクがある場合がほとんどなので、
そこからインジケーターの利用権限付与のお願いをしてみましょう。
 

インジケーターの利用権限付与のお願いをするときの注意点
利用権限を貰うためには、TradingViewのアカウント名が必要です。
TradingViewのアカウント名は
TradingViewにログインするときに入力する「ユーザー名」です。

インジケーターの利用権限付与のお願いをするときに
インジケーターの作成者に、
「あなたのTradingViewのアカウント名」を伝えてください。
 
インジケーターを探す画面のトップページ
インジケーターの利用権限を貰った後は、
チャート画面の上にある、インジケーターのボタンをクリックすると、
インジケーターが選べる画面に移ります。
その画面の中の、「招待者のみ公開」の箇所をクリックすると、
そのインジケーターがチャート上に表示されます。

 
また、インジケーターの利用権限を貰った後は、
そのインジケーターの使い方を聞くことを忘れないようにしましょう。

インジケーターの設定で変更できる項目や
詳しい分析方法などはインジケーターの説明ページに
書かれていない場合が多いため、
説明をしっかりと聞いておかないと、
インジケーターを十分に活用できない場合があります。
 
そのようなことにならないように、
インジケーターの作成者としっかりと
コミュニケーションを取るように心掛けることが
とても重要になってきますよ。


↓↓TradingViewから直接取引できる証券会社↓↓
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設?|?fx-on.com

TradingViewでUSDJPY(ドル円)の最新情報をチェックする!!

コメントは受け付けていません。